top of page

いちばん強かったとき


いままでにあなたがいったなかで、

いちばんゆうかんなことばは?

ぼくがたずねると、馬はこたえた。

”たすけて”

”いちばん強かったのはいつ?”

"弱さをみせることができたとき”

”たすけを求めることは、あきらめるのとはちがう”   

馬はいった。

”あきらめないために、そうするんだ”


チャーリー・マッケジー

「ぼく モグラ キツネ 馬」飛鳥新社



わたしたちは、人に迷惑をかけないで、自分で何でもできるように教育されてきました。

しかし、自分が弱っているとき、苦しいとき、誰かに助けを求めても、迷惑をかけてもいいんです。

助けを求めることができること、それが本当の強さなのかもしれません。





閲覧数:117回0件のコメント

最新記事

すべて表示

苦しむ

回心

謙遜とは

bottom of page