top of page

愛とは


愛は他人の感情を直覚するのである。

池に陥らんとする幼児を救うに当たりては、

可愛いという考えすら起こる余裕もない。







              西田幾多郎

          善の研究「岩波文庫」



愛するときには、教えも理屈も理由もありません。

わたしが愛されるために資格も価値も必要ではないのです。わたしが愛されるとしたら、ただわたしがわたしである以外の理由はないのです。

神は愛そのものなのです。

閲覧数:168回0件のコメント

最新記事

すべて表示

事実

宗教

bottom of page