top of page


我々は自己の安心のために宗教を求めるのではない。安心は宗教より来る結果にすぎない。宗教的要求は我々のやまんとして欲してやむ能わざる大きな生命の要求である。





        西田幾多郎 善の研究


多くの人々は宗教をもつということは、世界を創造した神を信じるとか、罪を悔い改めるとか、あるいは死んだら天国に生まれ変わることを期待することだと思っています。しかし、宗教とはそういうようなことではなく、今、わたしが生きていることを感じること、大きな生命の中でいかされているという感覚、自分を包み込んでいる宇宙を感じることだといったらいいかも知れません。宗教は、自分の安心や心のよりどころを求めるというのとは違うようです。大事なことはそれより、無限なものに任せきるということではないでしょうか。

閲覧数:57回0件のコメント
bottom of page